伊勢崎市美茂呂町の石岡山退魔寺。

退魔寺 (1)
退魔寺 (2)
応安4年(1371年)、茂呂勘解由左衛門尉源義輝が、光円坊を改めて香華院を創立した。

天正18年(1590年)頃、石田三成がこの地を通った際、近くの土橋(現、円光橋)付近に毎夜妖怪が出没し、住民が難儀していると聞きつけ、これを退治。住民は大いに喜んで、寺名を退魔寺と改めたという。

退魔寺 (3)
寛政4年(1792年)改築の本堂には、大日如来を安置している。昭和63年(1988年)には、屋根を全面改修してている。

退魔寺 (4)
退魔寺 (5)
延宝5年(1677年)建立の不動堂。昭和16年(1941年)の再建。

退魔寺 (6)
観音堂脇に毘沙門天がいた。風化しており良く分かんないけど、右手に宝棒、左手に宝塔を持っているように見えるので毘沙門天。

石田三成の逸話が、群馬にもあったなんて知らなかった。でも、退魔寺に石田三成ゆかりのものがあるかと言うと、何もない。