引き続き、前橋市西大室町の大室公園。

大室公園 (1)
古墳群の配置のおさらい。

前二子古墳 (6)
前二子古墳 (1)
今回は、前二子古墳。
全長148m、前方部の幅65m、後円部の径69m、墳丘の高さ14mで、墳丘は2段築成の前方後円墳。上段墳丘には葺石がある。6世紀前半の造営と推定される。

前二子古墳 (2)
前二子古墳 (3)
前二子古墳 (5)
石室は全長14.5m、奥壁幅5.15m、高さ1.35mと細長い横穴式。ここと後二子古墳のみ、石室が公開されている。

ちなみに、この前二子古墳は豊城入彦命の墓との伝承がある。豊城入彦命の墓との伝承があるところはけっこうあって、オレが行った所では、総社二子山古墳、伊勢崎・権現山がある。
(上毛かるた紀行、「しのぶ毛の国 二子塚」)
(上州まったり紀行、「霊験あらたか? -伊勢崎・権現山-」)

これで、大室公園の古墳関係は終了。でも、あと1つ大室公園関係があるので、もう1回だけ続くよ。