引き続き、前橋市西大室町の大室公園。

大室公園 (1)
古墳群の配置のおさらい。

後二子古墳 (1)
後二子古墳 (2)
今回は、後二子古墳。
全長106m、幅80m、墳丘の高さ11.1mの2段築造の前方後円墳で、盾形に全周する周堀を持っている。6世紀中頃から後半にかけての造営と推定される。

前方部の北側から馬形埴輪に付けられた装飾部品が出土しており、これは大阪四天王寺の宝物とされる、人物が乗る馬の装飾部品とそっくりだという。

後二子古墳 (3)
後二子古墳 (4)
石室に出入りするために、石室の前に0.9mの深さ、幅2m、長さ12mにわたって、溝のように地面を掘り込んだ墓道がある。

後二子古墳 (5)
石室は全長8.9mの横穴式で、両袖形/羨道、玄室からなる単室構造。石積みは奥壁は1石2段積で、左右側壁は2、3段。

石室が見られると、何か得した気分になる。

大室公園編はまだ終わらず。つづく。