前橋市亀里町の成菩提山極楽寺。
ここには、源義経の母・常盤御前(!)のお墓と伝わる五輪塔がある。

極楽寺 (1)
極楽寺 (2)
極楽寺 (3)
極楽寺は源頼朝が常盤御前の菩提を弔うために創建したと伝わる。とすると、創建は鎌倉時代初頭になる。

極楽寺 (4)
これが常盤御前のお墓との伝承がある五輪塔。

常盤御前は、源義朝の愛妾で源義経の母にあたる。近衛天皇の中宮・九条院の雑仕女であったが、源義朝の妾となり今若、乙若、牛若を生む。

義経と頼朝が対立したのちは、鎌倉方に捕らわれている。その後の生死については、はっきりした事は不明。侍女と共に義経を追いかけたという伝承もあり、この前橋(極楽寺)以外にも、岐阜県関ケ原や埼玉県飯能市にも、常盤御前のお墓といわれるものがある。

どういう伝承から、この五輪塔が常盤御前のお墓、と伝えられているのかは知らないが、何で前橋に?というのが正直なところ。