前橋市大手町の利根川河畔にある虎姫観音堂。

虎姫観音 (5)
虎姫観音 (3)
お虎という女性の怨霊によって、厩橋城(前橋城)は次々と水害に見舞われたという伝説がある。このため、河川の神・弁財天とともにお虎を観音様として祀って堂が建立された。

虎姫観音 (4)
どんな伝説かというと・・・。(ちょっと長くなるけど)

前橋城主が酒井氏の頃、城中に「お虎」と呼ばれる美しい娘がいた。お虎は赤城山麓の農家の娘だったが、殿様が鷹狩りの際に見初め、城に召された。殿様はお虎をいつも身近において、身の回りの世話をさせていた。こうなると、城中の奥女中たちの嫉妬の的になる。

奥女中たちは、殿様の食事に針をしのばせ、お虎に運ばせた。針に気づいた殿様は激怒し、お虎をヘビやムカデを詰めた木箱に押し込め、生きたまま利根川の渕に沈めた。お虎は木箱の中で、「城を取りつぶして七代の城主に祟ってやる~!」とうめきながら、川の底に沈んでいった。

その後、毎年利根川が氾濫(洪水)し、前橋城の西端は川に欠け落ち、ついには本丸まで崩れ落ちてしまった。人々は、これはお虎のたたり・怨念に違いないと思い、その怨霊を鎮めるために近くの寺に「お虎稲荷大明神」として祀った。そして、今では「虎姫観音」として利根川の岸に祀られている。

ちなみに、現在の場所に観音堂が造られ、観音様が祀られたのは、個人の方の熱意によるものである(費用や行政への陳情含め)。

虎姫観音 (2)
150cmほどの虎姫(お虎)観音は、化粧がほどこされた様な色付の美しい観音像である。右には水の神様である弁財天、左には幾重にもとぐろを巻いたヘビが祀られている。

それにしても、女の嫉妬っていやらしいね。