桐生市新里町関の磨崖仏。

関の磨崖仏 (1)
赤城山の泥流によって運ぱれたと言う凝灰質の集塊岩が、高さ128cm、幅、奥行き各80cmの舟形に彫り込まれており、その奥壁に三尊仏が刻まれている。

関の磨崖仏 (2)
関の磨崖仏 (3)
三尊仏は阿弥陀如来を中心に、脇侍として右に観音菩薩、左に瀬至菩薩が半肉掘りされている。大きさは阿弥陀如来が50cm、観音菩薩と勢至菩薩は30cm程度。観音菩薩と勢至菩薩は、かなり風化が進んでいる。造営は鎌倉時代と推定されている。

左手に鏑木川が流れており、ここまで赤城山の噴火による泥流が来たとということ。

新里町(旧新里村)には、大梨子の磨崖仏、高縄の磨崖仏もあり、機会があればもう一度行ってみようかな。