桐生市新里町武井の武井廃寺塔跡。

武井廃寺塔跡 (1)
武井廃寺塔跡 (3)
古代寺院の跡と伝えられており、昭和16年(1941年)に、国の史跡に指定された。

武井廃寺塔跡 (2)
武井廃寺塔跡 (4)
土を盛って作られた基壇上に直径107cmの安山岩製加工石があり、その中央部に直径42cm、深さ38cmの穴が開けられている。この加工石を塔の礎石とみなし、寺院跡とされた。

ところが、これ以外に礎石が発見されず、また地形が傾斜していて寺院が建っていたにしては不自然なため、以前から寺院遺跡であることが疑問視されていた。

昭和44年(1969年)の調査の結果、基壇は一辺約7.8mの8角形で、斜面に化粧石が施された特殊な構築物であることが判明した。ということは古墳??

さらにこのあたりでは、8世紀代以降の石製骨蔵器を伴う、火葬墓が多数発見されており、古墳説を裏付ける証拠となっている。

つまり、礎石と思われていた加工石は、火葬したお骨を入れる「骨壺」ということ。