吾妻郡草津町の片岡鶴太郎美術館。

片岡鶴太郎美術館  (1)
片岡鶴太郎美術館  (5)
片岡鶴太郎美術館は、1998年(平成10年)草津ホテルの付帯施設として開館した。墨彩画や書など約400点の収蔵品の中から、約120点の作品を展示している。また、季節に合わせ年4回展示替えをしている。

片岡鶴太郎は、ドラマで若き頃の棟方志功を演じたことをきっかっけに美術に関心を覚え、40歳で絵を描きはじめ、平成7年(1995年)には初の個展を開催している。

片岡鶴太郎美術館  (2)
片岡鶴太郎美術館  (3)
片岡鶴太郎美術館  (4)
1F売店では、オリジナル商品の絵葉書やリプログラフ、ハンカチなど、各種グッズを販売している。売店は美術館に入館しなくても、立ち寄れる。

売店には人がいっぱいいたけど、この中の何人が美術館に入ったかは?? もちろんオレは・・・・・、入っていない。

片岡鶴太郎は最近は役者のイメージが強いけど、オレの世代ではお笑い芸人。それも大した芸もなく、大げさなリアクションを取っているだけのヤツ。今の出川哲郎のポジション。羽交い絞めにされ、アツアツのおでんを口に入れられ大騒ぎする、っていうイタネタを最初にやったのは、片岡鶴太郎じゃないかな?

まっ、芸歴と絵の才能は、全然関係ないけどね。