吾妻郡中之条町の嵩山。
嵩山は標高789mの独立した山で、渋川方面から吾妻に入って1番先に見える、中之条町のシンボル的な山。

嵩山  (1)
古代から祖先の霊魂を祀る山を「たけやま」と呼び、嵩山は死者の霊が山の上に集まる神聖な「霊山」として、吾妻盆地の各地から信仰を集めていた。また、この山には神様がいて、春には里におりて田畑の神となり、実りを与えてくれるとされている。

嵩山  (4)
嵩山  (5)
山全体が信仰の対象であり、聖なる地であるためか、登山道の入り口には鳥居が建っている。もちろん、オレが登山をすることはない(きっぱり)!

嵩山  (2)
嵩山  (3)
麓には、ふるさと公園・たけやまと道の駅・霊山たけやまがある。園内には、そば打ち体験施設、茅葺屋根のお蕎麦屋さん、フィールドアスレチック風の遊具などがある。

最初(1番上)の写真は、嵩山の男岩という。男岩の隣には女岩があるという。とある方向からみると、なぜ男岩、女岩と言うか分かるという。想像してね(笑)。