吾妻郡中之条町四万の日向見(ひなたみ)薬師堂。

日向見薬師堂 (1)
日向見薬師堂 (2)
日向見薬師堂 (3)
四万温泉のけっこう奥にある(多分1番奥)。山門はまだ新しい(と思われる)。

日向見薬師堂 (4)
薬師堂は慶長3年(1598年)藤原家貞が、時の領主・真田信幸の武運長久を願って建てたもの。室町時代の建築様式(唐様和様の折衷)を出組・桁の形・板蛙又の絵模様・木鼻の渦巻等にその様式を残している。

日向見薬師堂 (5)
お籠堂は、自分はもちろん、家人などが長く治らない病気になった時に泊り込み、病気が治るよう薬師様にお祈りをしたところ。百日行なんてのも、行われていたらしい。

明治22年(1889年))年の四万村誌には、慶長19(1614年)に建てられたと書かれている。

温泉という湯治場と、人々の病気を直し救済するという薬師瑠璃光如来信仰が相まって、昔から地元だけでなく関東一円からの参拝も多い。

どちらも四万温泉の歴史を伝える貴重な遺産である。