吾妻郡嬬恋村鎌原(かんばら)の観音堂。

鎌原観音堂 (5)
鎌原観音堂 (2)
天明3年(1783年)7月8日(旧暦)、浅間山の火口より北側約12kmにある鎌原村(当時)は、大噴火による土石流に襲われ壊滅した。このとき鎌原村の村外にいた者や、土石流に気付いて階段を上り、観音堂まで避難できた者、合計93名のみが助かった。

この災害では、当時の村の人口570名のうち、477名もの人命が失われた。

現在の石段は15段だが、昭和54年(1979年)の発掘調査の結果、石段は50段であったことが判明した。つまり35段分(約6m)は、土石流によって埋まってしまったということ。

朱色の橋の下には、発掘された石段が続いている。

鎌原観音堂 (4)
鎌原観音堂 (6)
埋没した石段にて、女性2名の遺体が発見された。若い女性が年配の女性を背負うような格好で見つかり、母親と娘、母親と嫁等、近親者であると推定されている。ちょっと涙・・・。おふたりの顔を再現した写真が、お堂に飾ってある。

まさに、この石段の15段が、生死を分けたことになる。

鎌原観音堂 (1)
昭和57年(1982年)の200回忌法要の折り、浄財で建立された聖観音。

現在、火山災害から命を救った観音堂は、厄除け信仰の対象となっており、地元鎌原地区の観音堂保存会の方々が交替でお堂に詰めて、先祖の供養を行うとともに、訪れる人々にお茶をふるまい、温かく迎えてくれる。