吾妻郡東吾妻町大戸鳴瀬の仙人窟。

仙人窟
仙人窟 (2)
写真の参道(?)はほんの一部で、この石段の先もくねくね細い山道を延々登っていく(100mくらい?)。これね、すっごい大変なのだ!

仙人窟 (3)
仙人窟 (4)
やっとたどり着くと、高さ8m、幅14m、深さ26mの洞窟内に、江戸時代の修行僧が造ったとされる、聖観世音像や十八羅漢が安置されている。

写真では手前の柵で肝心の聖観世音像がよく見えない。まあ、失敗写真。両側に各3体ずつ写っているのが、十八羅漢の一部。羅漢像はまだしも、聖観世音像はもう少し大きいのかと、勝手に思ってたので・・・。

仙人窟 (5)
仙人窟 (6)
洞窟の左側に石門があり、その向こう側にも石像がある、と書いてあったので、重い足を奮い立たせ頑張って歩く。石門をくぐると確かに石像があった。でも・・・。

仙人窟 (7)
伝説では、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国征伐の帰路に、ここに宿泊したといわれている。

そう言えば日本武尊が亡き妻を想って「わが妻よ」と言ったことから吾妻という地名になったといわれているからね(嬬恋村あたりらしいけど)。

そういう伝説の場所に行ったということで、この身体の疲れと期待外れ感は我慢しよう。