利根郡昭和村森下の大森神社。

大森神社 (1)
大森神社 (2)
和銅6年(713年)の創建と伝わる。

ご祭神は薬師如来や阿弥陀観音、聖観音、将軍地蔵などであったが、明治5年(1872年)の神仏分離により従前の主神を廃し、改めて大国主命、倭健命などを祀っている。

大森神社 (3)
大森神社 (4)
現在の社殿は、昭和3年(1928年)の改築。

大森神社 (5)
利根沼田地方では、養蚕の神様として盛んな諏訪信仰にちなみ、いろいろな祭りが行われている。大森神社でも、9月30日、10月1日に諏訪祭が行われる。

特にこの地方独特の「かつぎまんどう」は、1本の心棒に武者人形を山車そっくりに飾り付けたもので、江戸時代に祇園祭の山車を見本に作られた。祇園の「引きまんどう」に対し、引かずに担いで練り歩くため、「かつぎまんどう」と呼ばれている。

当初は飾りであったが、現在では子供たちがそれぞれが作った、戦国武士の乗る「まんどう」をぶつけ合いながら、櫓を回る壮烈な姿になっている。(写真は昭和村のHPから)