利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉の猿ヶ京関所跡。

猿ヶ京関所 (1)
猿ヶ京関所は、寛永8年(1631年)に江戸と越後・出羽方面を結ぶ要路であった三国街道に設置された関所。関所の建物は長さ18m、幅12.6mもの大きさだったという。

猿ヶ京関所 (2)
猿ヶ京関所 (3)
猿ヶ京関所 (4)
関所は真田氏が管理していたが、その改易後は高野、木村、戸部、片野の4家が、関守として管理をした。

関所役宅(片野家)は、現在資料館として関所手形、猿ヶ京関所付近絵地図などを展示している。

猿ヶ京関所 (5)
文化10年(1813年)の猿ヶ京関所の図(片野家所蔵)。左側に屋敷牢がある。

関所破りは捕まれば磔となったが、捕まって吟味中に牢屋で死んだ者でも、塩漬けにされ刑場で磔にされるほど重い罪であった。でも幕末には手形のない旅人でも、猿ヶ京の宿屋や茶店の印鑑を貰い、五十文払えば通れたと言うから、かなり綱紀が緩んでいたらしい。