沼田市材木町の月宮山天桂寺に、真田熊之助の墓と伝わる墓石がある。

伝真田熊之助の墓 (1)
天桂寺は真田沼田藩2代藩主・信吉の菩提寺で、立派な墓があるがその近く(北側)にその嫡男・3代熊之助の墓といわれる墓石がある。熊之助は4歳で3代藩主となり、7歳で夭逝している。(天桂寺は「真田信吉の菩提寺 -天桂寺-」参照)

伝真田熊之助の墓 (2)
この墓(墓石)は、天桂寺の住職が古文書を解読し、墓地内を発掘して埋まっていた墓石を発見したという。裏付け資料がないためか、案内板などはまったくなく、誰も熊之助の墓とは気づかない(はず)。

熊之助の墓と伝わるものは、みなかみ町新巻にもあるけど、そっちの方が立派な宝篋印塔が建っている。(「伝・真田熊之助の墓」参照)

まぁ、どっちも「伝」と言うことは同じだけどね。