利根郡川場村谷地のホテルSL。
その名の通り、SL(D51)が保存されている。

D51 (1)
D51 (2)
1976年(昭和51年)旧国鉄から貸与を受けたD51と寝台車を、敷地内に設置した線路の上に置いて「ホテルSL」として開業。寝台車に泊まる方式で、1970年代のSLブーム時に全国で作られている。

その後、寝台車は老朽化したため撤去され、1995年(平成7年)新館(普通の建物)に宿泊するようなっている。

D51 (3)
2006年(平成18年)から、圧縮空気方式によって動態復元したD51を、敷地内の約150mの線路上を走らせている。ホテル宿泊者のみではなく、観光客も乗ることができる(もちろん有料)。乗るといっても先述のように150mだけど・・・。

川場村歴史民俗資料館から出てきたら、汽笛が聞こえたので行ってみたら、D51があったということ。

動くSLを生で初めて見た。とは言っても150mなので時速10km/hくらいだし、圧縮空気方式だけどね。