前回に引き続き、沼田市上発地町の迦葉山龍華院弥勒護国禅寺。

弥勒寺
案内図の右上に、真田伊賀守墓というのが見える。実は、これが弥勒寺に来た真の目的だったのだ。そう、真田沼田藩5代藩主・信利の墓。但し、「伝」だけど。

伝真田信利の墓 (1)
伝真田信利の墓 (2)
本堂裏手の歴代住職を墓を過ぎると、ぽつんとひとつの宝篋印塔が建っている。ひっそりと、寂しく、目立たないように・・・・・。

松代藩主になっていた叔父の信政が明暦4年(1658年)に死去、信政の子・幸道を後継者とした。信利は信之の長男・信吉の子であることを理由に、自分が後継者だと、幕府に訴えた。結局、この訴えは認められず。

これ以降、信利は10万石の松代藩に対抗するため、寛文2年(1662年)より領内総検地を行い、表高3万石に対して実高14万4000石を強引に打ち出した。領民から見れば、約5倍近い増税である。過酷な取立ても相まって、領民は飢餓に苦しみ餓死者がでるような悲惨な状況になった。

延宝8年(1680年)には、両国橋改修の用材の調達を、材木商大和屋から請負ったが、折からの台風により用材は流出し、納入期日に間に合わないという不始末を起こした。

天和元年(1681年)、杉木茂左衛門の直訴も起き、真田沼田藩は改易となった。
(上毛かるた紀行 「天下の義人 茂左衛門」参照。)

信利は山形藩奥平家にお預け(配流)となり、その後奥平家の宇都宮への転封に従って山形から宇都宮に移り、元禄元年(1688年)宇都宮で死去。享年54歳。弥勒寺に埋葬されたといわれる。

信利は、信之長男の家系と言うプライドがあったんだろうけど。それにしても相当な圧政を敷いていたようなので、改易はしょうがないかな。