沼田市材木町の月宮山天桂寺。
真田沼田藩2代藩主・真田信吉の墓がある。

天桂寺 (1)
天桂寺は真田沼田藩2代藩主・真田信吉の菩提寺。

天桂寺 (2)
天桂寺 (3)
天桂寺 (4)
本堂のあっちこっちに真田家家紋・六文銭が飾られている。

信吉は元和2年(1616年)、父・信之が上田に移った後、沼田藩主として3万石の所領を相続した。信吉は沼田藩主として18年間、川場~沼田用水を完成させたり、善政を行った。今も残る沼田城址の鐘楼の鐘(実物は中央公民館で保存)は、領民の繁栄と国家安全を祈って造らせたもの。

寛永11年(1634年)、父・信之に先立ち江戸屋敷において死去。40歳とも42歳ともいわれるが、まだ働き盛りであった。

天桂寺 (5)
天桂寺 (6)
天桂寺 (7)
信吉の墓は、総高297cmの宝篋印塔。
屋蓋に真田家の家紋、六連銭を刻み、威厳と風格がある。

信吉が若くして死去したため、長男の熊之助がわずか4歳で後を継ぐ。しかし熊之助も7歳で夭逝し、信吉の弟・信政が4代藩主となる。結局、このあたりから、真田沼田藩のお家騒動の火種が燃え始めることになる。(この辺は追い追い)

信吉がもう少し長生きをしていたら、真田沼田藩の運命も変わっていたことだろう。