利根郡みなかみ町相俣の赤谷湖記念公園。
赤谷川をせき止めた相俣ダムによりできたダム湖。その湖畔にある公園。何の記念なんだか・・・、知らない。ダム完成記念?

赤谷湖
赤谷湖 (2)
上の写真で、赤谷湖の対岸に見えているのは、猿ヶ京温泉街のホテル群。

樹齢約40年のソメイヨシノが100本余りが植えられており、遠くの谷川連峰の残雪とともに、桜の花が湖面に映えてすばらしい眺めになる。見頃は4月中旬~5月上旬。

と言っても、桜の時期に行かないのが、オレらしいところ。

謙信のさかさ桜 (3)
謙信のさかさ桜 (2)
謙信のさかさ桜 (1)
ここには、上杉謙信ゆかりの「さかさ桜」がある。

上杉謙信が初めて関東に兵を出したとき、春日山から持ってきた桜の杖を、逆さにして出陣の吉兆を占うと、不思議なことに芽吹いたと伝えられている。幹の直径2.5m、樹高20mの巨木で、推定樹齢は400年。

赤谷湖あたりには、かつて笹の湯、湯島温泉などがあったが、ダム建設により湖底に沈み、湖岸に猿ケ京温泉が造られた。

三国国境の山並みを映す静かな湖である。赤谷湖はダム湖100選に選ばれている。