利根郡みなかみ町(旧新治村)東峰の旧大庄屋役宅書院。

旧大庄屋役宅書院 (5)
旧大庄屋役宅書院 (1)
天保13年(1842年)、4代目河合定右衛門が大庄屋の時代に、当時の領主・伊丹氏(旗本)が領内巡視の休息所とするため建てたもの。萱葺(現在トタン葺)の寄棟造書院で、式台が付属する玄関が主屋と連結している。

旧大庄屋役宅書院 (4)
書院の内部は、8畳敷きの上段の間と10畳敷きの控えの間を中心とし、特に上段の間は床の間、傍床、付け書院、帳台構えを備えた本格的な書院造りである。

農家の書院というのは大変珍しく、県指定の重要文化財となっている。

旧大庄屋役宅書院 (2)
行った日は非常に天気が良かったので、主屋には布団が干してあった。今も河合家の方が住んでいる?

ちなみに、この大庄屋役というのは、江戸時代の地方行政を担当した村役人のひとつで、代官または郡奉行の下で数村から数10村を管轄した。

身分としては農民であるが、一般農民よりは一段高い階層に属し、その屋敷に門を構えたり、主屋に式台を設けることができた。帯刀を許されたり、着衣や履物にも特例が許されていた(絹物や雪駄の着用)という。