利根郡みなかみ町の諏訪峡遊歩道中にある、与謝野晶子歌碑公園。

与謝野晶子歌碑公園 (1)
与謝野晶子歌碑公園 (2)
与謝野晶子の温泉への足跡は全国に残っているが、水上温泉には昭和6年(1931年)から昭和14年(1939年)までに、計4回ほど訪れている。

そんなことからか、平成21年(2009年)に、諏訪峡に歌碑公園が作られた。

与謝野晶子歌碑公園 (3)
与謝野晶子歌碑公園 (4)
与謝野晶子歌碑公園 (5)
夫・与謝野鉄幹(寛)の歌碑も含めて、計9つの歌碑がある。

東屋とベンチがあるくらいだけど、天気が良い日にのんびり利根川でもながめていれば、心地いいかも。

そう言えば猿ヶ京温泉にも、与謝野晶子記念館みたいなのがある。伊香保温泉の石段には、歌(詩?)が刻まれていた。(「伊香保温泉 日本の名湯」参照)

調べてみたら、水上温泉以外にも、法師、猿ヶ京、湯宿、湯檜曽、伊香保、草津、川原湯、四万、霧積の各温泉を訪れているようだ。

温泉好きだったということ?