利根郡みなかみ町月夜野の深沢遺跡配石遺構。
深沢はこの配石遺構が発掘された地名。

深沢遺跡配石遺構 (1)
深沢遺跡配石遺構 (4)
深沢遺跡配石遺構 (2)
昭和55年(1980年)、上越新幹線開通前の文化財調査で発見された。約1kmほど場所を移し、ここに保存されている。

深沢遺跡配石遺構 (3)
深沢遺跡配石遺構 (5)
今から3500年前の、縄文時代後期の墓地跡。東西約20m・南北約17mの範囲に、石棺状配石20基・中型配石4基・大型配石2基・集石状配石28基・列石1基から構成されていたらしい。

ここには、これだけの数が見当たらないので、すべてが移された訳ではないようだ。

深沢遺跡配石遺構 (6)
鉄骨屋根とフェンスで覆われており、一応覆屋なのかな?これだと風雨にさらされるので、風化しちゃうんじゃないの。予算の関係?

どうせなら、しっかり覆ってあげればいいのに・・・・・。