高崎市新後閑町の琴平神社。
通称「多中のこんぴらさま」と呼ばれている。

琴平神社 (1)
元々お稲荷様が祀られていたこの地に、高崎藩士・寺田宗有が一昼夜で讃岐から分霊を勧請したと伝えられる。宗有は文政8年(1825年)に没しているので、文化年間(1804年~1817年)のことと考えられる。

「一昼夜で分霊を勧請した」というのは、一昼夜で讃岐まで行ってきたということ。ふぅ~ん・・・。

この門は面白い門である。何でかって言うと、普通に右大臣(矢大臣)・左大臣がいるんだけど、反対側には仁王像が鎮座している。すぐ隣には前回の荘厳寺があるんで、お寺側を見ると仁王門になってる。

神社には随身門、お寺には仁王門、というのが一般的。神社に仁王がいたら、神仏混交の名残と考えていいと思う。ただ、このように随身門と仁王門を兼ねている(?)のは、初めて見た。

琴平神社 (2)
琴平神社 (3)
琴平神社 (4)
社殿下の石段前には、烏天狗がいた。狛犬の代わりかなとも思ったが、拝殿前に狛犬もいた。

琴平神社 (5)
琴平神社 (6)
琴平神社 (7)
拝殿側面に、天狗の面が奉納されていた。

琴平神社 (8)
琴平神社 (9)
石段脇に洞窟があり(洞窟と言っても、人工感丸出しだけどね)、中には「和田稲荷大明神」名の提灯が。小さな稲荷神社? 和田城を築いた和田氏一族の屋敷が、この辺にあったといわれているので、もともとは屋敷神様のお稲荷さんかもね。

ちなみに、新後閑という地名の由来は、和田氏家臣・新後閑左京亮が住んでいたから。