高崎市若田町の若田原遺跡。八幡霊園内にある。

若田原遺跡群 (1)
霊園建設に伴って、昭和45年(1970年)から48年(1973年)にかけて発掘調査が行われ、5基の古墳をはじめとして、縄文時代から奈良時代の住居などが確認された。

若田原遺跡群 (6)
若田原遺跡群 (4)
上の写真の右が若田大塚古墳、左が楢ノ木古墳で、下の写真が峯林古墳。

若田原遺跡群 (2)
若田原遺跡群 (3)
峯林古墳は石室が確認できる。天井石がない(なくなっている?)ので、上から覗くこともできる。

若田原遺跡群 (5)
縄文時代後期(約4000年前)の住居跡みたいだが、保存のため埋め戻されているようだ。帰って来てから調べたら、敷石住居跡1ヶ所は当時の状態で保存されているらしい。霊園内をけっこう歩いたんだけど、気が付かなかった(広い!)。

倉渕町からの帰りに406号を走っていて、八幡霊園の看板下に霊園内に遺跡がある、って書いてあったので寄ってみた。

初めて八幡霊園に入ったけど、広いんだねぇ~。