高崎市上佐野町の常世神社。

常世神社 (7)
常世神社 (8)
謡曲「鉢木」で有名な、佐野源左衛門常世を祀っている。源左衛門常世の屋敷跡といわれる。また、謡曲「鉢木」は観阿弥の作といわれている。

常世神社 (1)
常世神社
本殿のように見えるが実は覆屋で、中に石の祠が納められている。

常世神社 (4)
常世神社 (2)
常世は、旅の僧(実は鎌倉幕府執権・北条時頼)に一夜の宿を頼まれた際、暖を取る薪もないことから、秘蔵する盆栽の「鉢木」を焚いてこの僧をもてなした。また、僧との話の中で、今はこんなに落ちぶれているが、れっきとした鎌倉武士で、いざ鎌倉に事があれば真っ先に駆けつけるつもりだ、と話した。

後に、鎌倉に招集がかかった時、常世は時頼から恩賞として、薪にした松、梅、桜の鉢にちなんで、上野の松井田、加賀の梅田、越中の桜井を賜ったという。

佐野源左衛門常世って、実在の人物ではないし、モデルがいたわけでもないらしいので、鉢木はフィクションなんだけど、正直者・忠義者には良いことがあるって教訓かな。