高崎市宮元町の頼政神社。

頼政神社 (2)
頼政神社 (3)
頼政神社 (4)
高崎公園のすぐ隣なんだけど、知ってる人はほとんどいない? オレも内村鑑三を調べていて、見つけたんだけど。(上毛かるた紀行、「心の燈台 内村鑑三」参照。)

内村鑑三 (6)
内村鑑三の碑は、隣の高崎公園内に建てれば、もっと多くの人の目につくと思うが・・・。まあ、いろんな経緯があるんだろけど。

頼政神社
頼政神社は、その名の通り源頼政を祀っている。源三位(げんさんみ)の方が通りがいいかな。平安時代末、平家政権を倒すため以仁王(もちひとおう)を奉じて、立ち上がったが、残念ながら事破れている。治承4年(1180年)自刃。

これが、後の源頼朝の鎌倉幕府へとつながって行く。

松平輝貞が高崎藩主に封じられた際に建立した(元禄11年:1698年)。松平輝貞は頼政の子孫らしい。松平輝貞から遡っていくと摂津源氏へと行きつく。ただ、養子が入っていたり分家したりで、非常に分かりづらい。

頼政神社から見た白衣観音
神社のすぐ下には国道17号が走っており、また烏川方面の見通しは良い。観音山の白衣観音もよく見える。