渋川市伊香保町伊香保のわしの巣風穴。
伊香保森林公園内にある1年中冷気ただよう洞窟(と言うか穴)。

わしの巣風穴 (1)
伊香保森林公園は、榛名山の外輪山・二ツ岳(1345m)を中心として東西約2.9km、南北約1.9kmに及ぶ緑豊かな公園。登山道やハイキングコースも整備されている。

公園内には、もみじの広場、風穴、むし湯跡、つつじが丘、まゆみの原、オンマ谷などがある。

わしの巣風穴 (2)
管理棟から整備された道を登っていくと、わしの巣風穴がある。

わしの巣風穴 (3)
わしの巣風穴 (4)
わしの巣風穴 (5)
この風穴は榛名山の寄生火山として活動していた二ツ岳が終末期を迎え、穴山の隆起と冷却の過程において、山や岩が裂けて山全体にすき間ができたもの。

古くは硫気(いおう)を吹き出す穴であったが、現在は非常に冷たい冷風が吹き出している。写真が靄っているのは冷気!

わしの巣風穴 (6)
ちょっと見づらいが、入り口の温度計。なんと5℃!! 外気もあたる入り口付近で5℃なので、中は当然それ以下。体感0℃! 短パン・半袖シャツといういでたちでは、とても1分も入ってられなかった。

ちなみにこの日(9月上旬)の前橋の最高気温は32℃、森林公園管理棟付近では23.5℃(車の外気温度計から)。

伊香保じたいが下界に比べれば非常に涼しいんだけど、風穴内は凍えるくらいの寒さだった。