北群馬郡吉岡町元町の南下(みなみしも)C号古墳&D号古墳。

吉岡・南下C号古墳 (1)
吉岡・南下C号古墳 (2)
丘陵頂部に築かれた径約15m、高さ4mの円墳と推定されるC号古墳。南下古墳群では最も時期が古く、6世紀中葉から後半の築造と推定される。

吉岡・南下C号古墳 (3)
石室は自然石乱石積の袖無型で、全長約6.15m、奥壁幅約1.58m、
同高さ約1.36m。開口部が東を向いているという、珍しい例である。

続いて、D号古墳。

吉岡・南下D号古墳 (1)
吉岡・南下D号古墳 (2)
丘陵斜面に築かれた古墳だが、上部が削られてしまっているため、形状はよく分かんないD号古墳。現存は、径約13m、高さ3mほど。まあ、周りが円墳なので、ここも円墳だと思うけどね。7世紀前半の築造と推定される。

吉岡・南下D号古墳 (3)
石室は山石と川原石を混用した乱石積で、南西方向に開口している。羨道と玄室の境には2、3段に積んだ玄門がある。

入り口下の土をちょっと除けてくれれば、石室内に入れるようになると思うので、是非お願いしたい。