北群馬郡吉岡町元町の南下(みなみしも)B号古墳。

吉岡・南下B号古墳 (1)
吉岡・南下B号古墳 (2)
丘陵南面を利用した径約22m、高さ5.2mの円墳と推定されるB号古墳。石室構造や石材の加工からみて、7世紀中頃の築造と推定されている。

吉岡・南下B号古墳 (3)
吉岡・南下B号古墳 (4)
吉岡・南下B号古墳 (5)
石室は主に自然石を乱石積みした横穴式両袖型石室だが、玄室の壁面に
一部削石を用いたり、切組の手法を取り入れたりした部分が見られる。羨道と玄室の境には、重量感のある玄門が据えられている。一方の玄門上部には、冠石を受けるための切り込みがつけられている。

石室の規模は羨道が長さ3.74m、幅1.4m、高さ1.2m、玄室が長さ3.45mm、幅2.5m、高さ3mmあり、羨道に比べ天井が高い。

羨道の高さが1.2mしかないため、石室内部に入ることを断念。よつんばいになれば入れたと思うけど、そこまでの元気はない。