北群馬郡吉岡町大久保の三宮神社。

三宮神社 (1)
天平勝宝2年(750)の勧請で、彦火々出見命、豊玉姫命、少彦名命の三柱の神を祀っている。

三宮神社 (2)
三宮神社 (3)
三宮神社 (4)
総欅造り銅版葺の本殿は、嘉永元年(1848年)の改築で、明治以降その他の社殿も改築されている。

三宮神社 (5)
本殿屋根の鬼瓦(?)。三方に伸びているのは、何を表してるんだろう?

三宮神社は、その名の通り上野国の三宮を表す。伊香保温泉の石段上にある伊香保神社が三宮といわれているが、この三宮神社は伊香保神社の里宮といわれている。
(「伊香保温泉の階段を最後まで登ると・・・ -伊香保神社-」参照。)

細かいことはよく分かんないけど・・・。榛名山が活火山だったころ、怒ツ穂(いかほ)と呼んで恐れ崇めていた。その山頂を祖霊降臨の聖地と崇め、麓に遥拝所をつくり里宮とした。それが三宮神社ということ。

三宮というわりには、こじんまりとした印象。調べてみたら、関越道ができるときに、敷地の一部が高速道にかかり、境内が狭くなったらしい。