邑楽郡千代田町上中森の八幡宮。

上中森八幡宮 (1)
上中森八幡宮 (2)
上中森八幡宮の由緒は不詳。

上中森八幡宮 (3)
上中森八幡宮 (4)
上中森八幡宮 (5)
現在の社殿は昭和23年(1948年)の建立。覆屋内の本殿は寛政8年(1796年)の造営とされる。

境内の「移転改築記念碑」には昭和41年(1966年)に移転・改築をしたと書かれていた。どこからとかも書いてあったのかもしれないが・・・。

上中森八幡宮 (6)
上中森八幡宮 (7)
明治43年(1910年)に合祀された神明宮と八坂神社(写真はいずれも覆屋だけど)。

上中森八幡宮 (8)
同じく明治43年に合祀された富士嶽神社。

上中森八幡宮 (9)
富士嶽神社の入口には「角行霊神」「食行霊神」の碑がある。

角行は江戸時代に富士講を結成した人々が開祖として崇拝した人物(戦国時代から江戸初期の人)。両親が北斗七星に祈願し授かった子とされる。4寸5分角の角材の上に爪立ちして1000日間の苦行を行ったとの伝説がある。

食行は江戸中期の人で、富士講の指導者のひとり。角行4世(5世とも)の弟子である月行に弟子入し修行を積む。富士山8合目の烏帽子岩で断食行を行い、35日後にはそのまま入定している。