渋川市中郷の最大山雙林寺(そうりんじ)。

雙林寺 (1)
文安・宝徳年間(1444年~1452年)にかけて、上野国守護代である長尾景仲が開基し、月江正文禅師が開山したもの。

雙林寺 (2)
雙林寺 (3)
雙林寺 (4)
創建当時、この寺の僧侶は2千人を下らず、「雙林の水を呑まざる者は、禅僧にあらず」とまで言われたらしい。山門は四脚門でものすごく立派である。

雙林寺 (5)
雙林寺 (6)
この寺には、開山にまつわる七不思議がある。
 1.開山の一つ拍子木
 2.蛇頭水(竜神水)
 3.千本樫
 4.開山のつなぎカヤ
 5.忠度(ただのり)桜
 6.山門小僧と総門のツル
 7.底なし井戸(鏡の井戸)

この中から2つほど紹介。

雙林寺 (7)
雙林寺 (8)
山門小僧と総門のツル
「夜、小僧が出て難問答を仕掛け、大鳥が出ては荒らすので戒めの打撃をなした。翌朝、山門の小僧に腕なく、総門のツルの足に穴があいていた。」
山門と総門にそれぞれ小僧とツルがいる。

雙林寺 (9)
底なし井戸(鏡の井戸)
「この井戸をのぞいて顔が映らないと即刻死すと言われる」

覗いて見ようかと思ったけど、危険防止のため金網がかぶさっていた。実は内心ビビっていたので、ちょっとホッとしたんだよね。

でも、この鏡の井戸の不思議だけ、妙に怖いね。