伊勢崎市豊城町の権現山。

相川考古館にあった国指定の重要文化財の埴輪のひとつが、ここから出土したということなので、ちょっと寄ってみた。「ことはにクン」ではない。
(「琴を弾く埴輪だから「ことはにクン」」参照。)

埴輪出土の碑
権現山の裏手(幹線道路側から見て)に、埴輪出土の碑がある。これが、重文になってる埴輪出土を記念しているかは不明。

権現山山頂
権現山宝塔
権現山宝塔 (2)
山頂には宝塔があり、室町時代(南北朝のころ)の造立と推定されている。昔は山頂に熊野権現が祀られており、熊野信仰の霊場となっていたらしい。そのため、ここを権現山と呼ぶようになった。

蓮神社
中腹(?)には、蓮神社がある。御祭神は豊城入彦命であり、元亨元年(1321年)の創建らしい。豊城入彦命は本ブログにも登場済みである。
(上毛かるた紀行、「しのぶ毛の国 二子塚」参照。)

この辺は豊城町といい、町名も豊城入彦命からきている。もともと、この権現山自体が豊城入彦命の御陵との言い伝えもある。

権現山遺跡
さらに、ここからは4万年前の石器が収集され、権現山石器文化と称される文化層が確認されている。

いやあ~、4万年前の石器に紀元前後の豊城入彦命(実在は不明)、6世紀の古墳群、鎌倉時代創建の神社、室町時代の宝塔。

時代を超えて、いろんなものが集まっている山である。