太田市堀口町の駒形山浄蔵寺。

浄蔵寺 (5)
浄蔵寺 (6)
浄蔵寺 (7)
鎌倉時代創建と伝わる真言宗の古刹。元弘3年(1333年)新田義貞が鎌倉攻めに向う際、利根川渡河を前にしてここで馬を休め、戦勝を祈願したことから「駒形」の山号を持つ。亀岡町にも、同様に新田義貞が馬をつないだ「駒つなぎの松」があるね。
(「新田義貞 駒つなぎの松」参照)

浄蔵寺 (4)
このお寺の名物は、なんと言っても「大銀杏」。根元周囲14m、目通り周囲12m、樹高28m、枝張り18mほどである。樹齢は4百年ほどと推定される。

浄蔵寺 (3)
周りのお墓(墓石)と比較すると、その大きさが分かりやすい。

浄蔵寺 (2)
浄蔵寺 (1)
落雷により主幹が折れたため、幹が多くに分かれている。

この銀杏に新田義貞が馬をつないだ、という伝承があるみたいだけど、樹齢400年では年数が合わないけどね。