邑楽郡千代田町舞木の中島神社。

中島神社 (1)
中島神社は元は浅間神社だが由緒は不詳。明治42年(1909年)に近隣の八幡宮を合祀した際に中島神社と改称している。

中島神社 (2)
参道の半ばから杉木立の囲まれた鎮守の森っぽくなってくる。

中島神社 (3)
社殿は永楽村7号墳上に建つ。中段に拝殿が建っている。平成24年(2012年)の修復。

中島神社 (4)
中島神社 (5)
中島神社 (6)
本殿はさらに高い位置(墳丘上)に鎮座する。覆屋は拝殿同様、平成24年に修復されている。本殿は同年の新規造立。

中島神社 (7)
境内社の天満宮と白山神社。

社殿が建つ永楽村7号墳についての詳細は分からない。ちなみに、富永村・永楽村・長柄村が合併し千代田村(現在の千代田町)となり、後に長柄村は中島村に編入。その中島村は邑楽村と改称している(現在の邑楽町)。