邑楽郡邑楽町中野の長良神社。

中野長良神社 (1)
中野長良神社 (2)
中野長良神社は文禄2年(1594年)邑楽郡の総鎮守・瀬戸井長良神社(千代田町)の御幣を奉蔵し創建。中野村の鎮守とした。
(「邑楽郡長良神社の本宮 -瀬戸井長良神社-」参照)

中野長良神社 (3)
社殿は参道に対して、方向が少しずれている。多分、鳥居から参道が後に曲げられたんだと思う。道路整備か何かだろう。昭和55年(1980年)に境内整備が行われた旨の記念碑があった。

中野長良神社 (7)
狛犬は大正11年(1922年)の奉納。かなり台座が高い。見上げる感じの狛犬は、余り見たことがない。

中野長良神社 (4)
中野長良神社 (5)
中野長良神社 (6)
社殿の建立年などは分からないが、老朽化が進んでいるようだ。

中野長良神社 (8)
特に本殿覆屋側面は板が外れ、穴が空いている状態。銅板葺きの屋根も相当痛んでいる。

長良神社は館林・邑楽から隣接する栃木県・埼玉県まで60社近くあるとされる。藤原長良の遺徳の賜物かと思うが、そんな長良神社であっても地方の神社は改修もままならないようだ。まあ、どこも同じようなものだけど。