太田市藪塚町のなつめの里。

なつめの里 (2)
藪塚温泉街の入り口に、大きな看板塔がある。ここは小さな公園となっており、なつめの里と呼ばれている。

なつめの里 (1)
こじんまりとした公園に、童謡作詞家・細川雄太郎作「あのこはたあれ」の碑がある。

あのこはたあれ たれでしょね なんなんなつめの花の下 お人形さんと あそんでる かわいいみよちゃんじゃ ないでしょか

滋賀県から旧薮塚本町に働きに来ていた細川雄太郎氏が、昭和14年(1939年)に故郷の想い出を「あのこはたあれ」の童謡として作詞したことに由来して作られた公園。

歌詞の中に「なんなんなつめの花の下」とあるのでなつめ公園?そう言えば、碑を囲むようになつめの木が植えてあった。

ところで、後で調べたら、丘を登ると鐘が鳴る仕掛けがある、とあったが鳴らなかったと思う。