太田市大原町の神明宮。全性寺のすぐ隣にある。

神明宮 (1)
寛文4年(1665年)、江戸幕府の代官・岡登次郎兵衛景能(かげよし)が、7ヶ村の開墾に際して勧請したもので、明治5年(1872年)郷社に列した。

神明宮 (2)
神明宮 (4)
神明宮 (3)
御祭神は大日霊命である。「おおひるめのみこと」と読むらしい。調べたら天照大神(あまてらすおおみかみ)の別名だとか。天照大神の方が通りがいいと思うけど。

まっ、この辺は詳しくないので、よく分かんない。

神明宮と岡登霊神社
参道を歩いて行くと、左側に境内社が見える(写真の右奥が神明宮の拝殿)。神明宮を勧進した岡登次郎兵衛景能を祀っている岡登霊神社。なんか囲い塀まであって、郷社である神明宮より立派に見える。

ということで、次は岡登霊神社。

*岡登景能は、岡上景能が正しいらしい。景能死後(自刃)、末裔が岡登を名乗ったため、岡上景能も岡登景能と書かれるようになった。なので、本項では岡登の表記としている。