太田市由良町の台源氏館跡。

台源氏館跡 (2)
台源氏館跡 (1)
新田義貞、脇屋義助兄弟の生誕地と云われる、台源氏館跡。新田政義が由良郷台に館を構え、村人が台源氏と呼んだことが、その由来と云われている。

小さな公園っぽくなってるんだけど、全体的な雰囲気の写真を撮れなかった。

なんでかって言うと、前の道に車を停めて写真を撮っていたんだけど、その道が狭くて。後ろから車が来てしまい、自車を動かさなくてはいけなくなったので。

義貞生誕の地も諸説あり、ここも候補地のひとつ、といったところ。ちなみに、反町館や新田館(総持寺)、高崎市榛名町里見館とか。

碑の揮毫(きごう)が海軍大将・加藤寛治とあった。このひとは海軍の、強硬派で、ロンドン海軍軍縮条約に大反対し、後に統帥権干渉問題にも発展する。

碑の建立は昭和13年(1938年)なので、時代的にしょうがなかったんだろうけど、こういう超国家主義者に新田義貞が利用されていたと考えると、ちょこっとガッカリ・・・。