太田市徳川町の東照宮。

徳川東照宮 (2)
徳川東照宮 (4)
徳川東照宮ってのは、徳川町にある東照宮のこと。世良田町にある東照宮は有名だが、こっちも東照宮。

徳川東照宮 (3)
徳川東照宮は寛永21年(1644年)、徳川郷主だった生田義長が邸内に建立した。一種の私神社なので、一般の人は限られた時しか参拝できなかった。明治5年(1871年)に、東照宮の社地が徳川郷に寄進されている。

まあ、見た通りどこにでもある、田舎の神社って感じ。

徳川東照宮
もともとここは、徳川氏の祖・義季の館跡である。義季は新田氏の祖・義重の子で、新田郡の世良田郷、得川郷(徳川郷)を譲られた。

義季から8代目の親氏が南朝に加担し徳川郷を追われた時、生田隼人が後任となった。その後この生田氏が、家康に新田家系図を差し出したことで、系図の捏造が行われ、晴れて家康は源氏の家系に名を連ねることになった。

この功(?)により、正田氏(生田氏から改姓)は德川氏館を、正式に所有できることになった。

徳川家康は、それまでは藤原姓だと言っていたのに、新田氏(徳川氏)の家系図を手に入れ、源姓と言い出した。(藤原姓だって・・・。)

まあ、これにより慶長8年(1603年)に征夷大将軍になり、慣習により江戸幕府を開けたってことだね。