太田市別所町の十二所神社。

十二所神社4
十二所神社
前回の円福寺同様、茶臼山古墳上にある。円福寺が前方部、この十二所神社が後円部。

十二所神社 (2)
十二所神社 (3)
本殿には、16体の神像が安置されており、5体には正元元年(1259年)の銘がある。創建年は不明であるが、付近に散在した十二の末寺を円福寺に寄せ、各寺の本尊をここに合祀して十二所神社とした、との伝承がある。

円福寺の創建が寛元3年(1245年)ころと推定されるので、正元元年(1259年:神像の銘)の創建でいいところでは。

ちょっと話しがそれるけど・・・。
円福寺開祖の新田政義っちゅうのは、実はとんでもないやつで。寛元2年(1244年)京都大番役時に、幕府に無許可で朝廷に昇殿と官位を無心し、断られると今度はまた幕府に無許可で、勝手に帰郷し出家してしまった。(出家するんで円福寺を創った。)

妻の実家である足利氏の取り成しがあったから、所領総没収にはならなかったが、これにより新田氏の没落は決定的となってしまった。

まあ、政義の心中を代弁すれば、源氏の本宗家は既になく(実朝は建保7年(1219年)に暗殺されている)、北条ごときが大きな顔しやがって。オレは源氏の本流だ!って感じだったんだと思う。

義貞が鎌倉幕府を滅ぼし、新田氏が世に再浮上したのは、これから約90年後のことである。

再浮上も一時だったけどね。