太田市世良田町の世良田東照宮。

世良田東照宮
世良田東照宮2
1644年、家光の命により天海僧正が住職をしていた長楽寺の境内に創建。明治に入り、神仏分離により長楽寺から分離。(長楽寺は、次回ね。)

世良田東照宮3
拝殿は、日光東照宮奥社拝殿を移築したもの。中井正清最後の作といわれている。中井正清は、関ヶ原後に家康に作事方として仕え、江戸城、増上寺、日光東照宮などを手掛けた大工頭。

世良田東照宮4
世良田東照宮5
本殿は、伝左甚五郎作。狩野探幽の彫刻「巣籠りの鷹」が有名。いずれも、国指定の重要文化財。その他、写真はないが、唐門も重文。

とは言っても、拝観料には見合ってない。狭いし。境内には人がけっこういたのに、有料拝観する人がほとんどいないのも分かる気がするよ。オレが行った時は、オレ以外は親子連れ3人のみ。

世良田東照宮6
宝物館と称するところには、相変わらずの家系図が。「本当だよ、本当だよ」と、一生懸命言い訳しているようで、笑ってしまった。