太田金山城の本丸址にある、新田義貞を祀る新田神社。

新田神社 (2)
新田神社・金山城本丸跡
新田神社 (3)
金山城の御台所曲輪の大ケヤキを通り過ぎ、石段を登って行くと本丸址。そこに新田神社がある。

明治6年(1873年)の創建というから歴史はまだ浅い。ここに建っている経緯はよく分からないが、金山に新田義貞が砦を作ったという説もあるので、それでかな?(考古的な裏付け資料はない。)

個人的には、新田神社のある場所として打って付けだと思う。

新田神社 (1)
案内板を見ると、これまでに大正天皇、昭和天皇、秩父宮殿下、高松宮殿下、三笠宮殿下等が参拝されている。やはり新田義貞が後醍醐天皇に尽くしたから、皇族方のご参拝が多いのかな。

明治になって天皇中心の中央集権国家に生まれ変わり、新田義貞や楠木正成は忠臣になった。個人的には、尽くしすぎて・・・と思うが。