館林市城町の旧上毛モスリン事務所。
館林市第2資料館敷地内にある。

上毛モスリン株式会社は、明治29年(1896年)に毛布織合資会社として設立され、明治35年(1902年)上毛モスリン株式会社と改称。大正中期に最盛期を迎えたが、 大正末期に倒産している。

旧上毛モスリン事務所 (1)
旧上毛モスリン事務所 (3)
明治41年(1908年)から43年にかけて建てられた木造二階建の擬洋風建物で、上毛モスリン株式会社の本館の事務所として使われた。明治期の洋風志向の特徴をよく表している。

旧上毛モスリン事務所 (2)
旧上毛モスリン事務所 (4)
旧上毛モスリン事務所 (5)
玄関から続く中央部に廊下を設け、左右に事務室を分けている。
廊下と事務室の境にある、左右2本づつのけやき柱は、中央部にふくらみを持たせたエンタシス式で、建築当時のままの姿を残している。

馬車が展示されていた。正田家(皇后様ご実家)ゆかりの馬車らしい。

ちなみにモスリンとは、羊毛などの繊維を伸ばし、長さをそろえケバなどを取って糸にしたものを織りあげる、梳毛(そもう)織物のひとつ。チグリス河畔のモスール地方で作られたことから、モスリンと言った。

現在、震災の影響で2階は見学できない。外観上では分からないが、被害を受けているらしい。