館林市大手町の武鷹館(ぶようかん)。旧館林藩の中級武家屋敷である。

武鷹館 (5)
武鷹館 (4)
館林藩(秋元藩)時代は、藩士・伊王野惣七郎の居宅として、廃藩後は旧藩士・山田家の住宅として使用されてきた。

武鷹館 (6)
武鷹館 (3)
部屋を横一列に配置する、武家住宅特有の間取りが特徴。棟札が発見できなかったため、建築年は明確ではないが、柱間の長さや間取り、柱配りなどから、江戸時代後期に造られたものと考えられている。

武鷹館 (2)
武鷹館 (1)
兜や刀が展示(?)されており、武家屋敷の雰囲気を出している。

武鷹館 (7)
この長屋門は大正時代の建築らしく、武家屋敷とは関係ない模様。まあ、武家屋敷との組み合わせは一般的なので、関係のない組み合わせでも、違和感はないのだが・・・。

写真はないけど、武鷹館の近くのマンション前にも屋敷塀が作られており、微妙な雰囲気。マンションという近代的な建物との組み合わせは、さすがにちょっと違うんじゃないの?