甘楽郡甘楽町小幡の龍洞山宝泉寺。

宝泉寺 (1)
宝泉寺 (2)
宝泉寺 (3)
商人の金田氏が開山したらしい。それ以外の所縁はよく分かんなかった。

宝泉寺 (4)
商人が開山したからか、恵比寿様を信仰し親しまれている。甘楽町には七福神を祀るお寺があり、七福神めぐりができる。でも、それは今回の目的ではない。

宝泉寺 (5)
今回、宝泉寺に行ったのは、甘楽町の重文に指定されている薬師如来坐像(石像)を見るため。参道脇に、石造の薬師如来坐像2体、地蔵菩薩坐像1体が安置されている。

向かって右より
 薬師如来坐像 高さ97cm、幅64cm、厚さ13.7cm
 薬師如来坐像 高さ100cm、幅57cm、厚さ13.7cm
 地蔵菩薩坐像 高さ91cm、幅56cm、厚さ11cm

薬師如来坐像2体は天引石、地蔵菩薩坐像は安山岩で造られている。3体とも中世(鎌倉、室町)の特徴を有している。

宝泉寺のことをいろいろ調べてみたけど、薬師如来坐像より、七福神の恵比寿様(七福神めぐり)の方がいっぱい出てきた。うぅ~ん。