富岡市七日市の七日市藩陣屋(藩邸)跡。
県立富岡高校内にある。

七日市藩邸跡 (2)
七日市藩邸跡 (3)
七日市藩邸跡 (5)
七日市藩陣屋は元和2年(1616年)、藩祖・前田利孝によって築かれる。前田利孝は、有名な前田利家の5男である。

陣屋は約100m四方で東側と北側には水堀、西側と南側は空堀を廻らし、高さ1.8mほどの土塁の上に1.5mの塀を築いていたといわれている。敷地内には藩主の居館や藩行政施設、家臣の宅邸が軒を連ね、城郭ではなく、陣屋構えの形式だった。

七日市藩邸跡 (1)
現在は天保14年(1843年)に再建された、御殿の玄関と書院の一部、中門(黒門)が移築保存されている。

七日市藩邸跡 (7)
七日市藩邸跡 (6)
庭園もきれいに整備されており、ゴミも落ちていない。生徒を含む高校関係者の、文化財への造詣の深さの表れ、と勝手に解釈。

七日市藩は1万石という小藩であり、財政的にはかなり厳しく、本家である加賀藩からの援助なくしては、成り立っていなかったようだ。

上野国唯一の外様大名で、1万石という小藩であったが、明治維新まで改易されることなく、しぶとく存続している。