甘楽郡甘楽町小幡の大名庭園・楽山園。

元和7年(1621年)に織田信雄が造営を命じたと伝えられている。県内では唯一残っている大名庭園である。

甘楽町楽山園 (7)
甘楽町楽山園 (10)
甘楽町楽山園 (9)
甘楽町楽山園
江戸時代初期の池泉回遊式の庭園。池泉回遊式とは、庭を眺めるだけでなく歩いても楽しめるということ。京都の桂離宮と同じ特色を有している。

地元の知り合いが言うには「何か昔の建物の跡というだけで、実際はこんにゃく畑の中に前方後円墳がある程度の場所だった」。でも、平成12年(2000年)に国名勝に指定され、整備事業が平成14年(2002年)から始まっている。

甘楽町楽山園 (8)
甘楽町楽山園 (6)
10年かかりの事業とのことで、平成24年(2012年)に完成予定。既に整地が済んで、縄張りもけっこう進んでいる。蔵と書かれているところには、蔵が建つのかな?

完成したら、もう1度来よう! でも現在はタダで入れるが、完成後には有料になるとのもっぱらの噂。