前橋市富士見町原之郷の原西の阿弥陀坐像。

原西の阿弥陀堂 (3)
原西の阿弥陀堂 (2)
実はこの阿弥坐像は、船津傳次平翁の墓所敷地内にある。富士見村(現、前橋市富士見町)指定重要文化財とあったので、写真を撮ってきた。

原西の阿弥陀堂 (1)
慶長11年(1606年)に造られたが、文政13年(1830年)に焼失し、天保12年(1841年)に再建されたという。

前橋市の解説板に書いてあること以外は、いろいろ調べたんだけど、見つからなかった。

まあ、これこそ「上毛かるた紀行」のついでに寄ってきた、というもともとのサブ紀行の趣旨通り、といったところだね。