高崎市箕郷町柏木沢の八坂神社。

柏木沢八坂神社 (1)
柏木沢八坂神社の創建年は不詳。永禄9年(1566年)武田信玄の箕輪城攻めの際に焼失。安永4年(1775年)に再建されている。鳥居は昭和12年(1937年)の建立。

柏木沢八坂神社 (2)
柏木沢八坂神社 (3)
鳥居から入ると社殿は左側にある。正確な方角は分からないが、鳥居は西面、社殿は南面かな。

明治30年(1897年)に再度火災で焼失。同年再々建されている。

柏木沢八坂神社 (4)
柏木沢八坂神社 (5)
拝殿前に木くずが落ちていたので、上を見ると屋根裏が剥がれかけている。地域の神社はなかなか修理もままならないね。

柏木沢八坂神社 (6)
閑院宮載仁親王が大正2年(1913年)に相馬原の陸軍演習場へお成りの際、当社に参拝している。その記念碑。

閑院宮載仁親王は伏見宮家から閑院宮家を継ぎ、皇族軍人や貴族院議員として活躍された。昭和20年(1945年)の終戦直前に薨去。閑院宮家は春仁王が継承したが、戦後GHQの政策により閑院宮家など11宮家は皇籍離脱・臣籍降下されている。閑院宮家は春仁王で絶家となっている。